情報処理技術者試験☆合格への道

ライフワークとしての資格取得ブログ presented by Pman






Since 2005/01/10

ブログ内検索↓

カテゴリー


ブログランキング

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
 にほんブログ村 資格ブログへ
 ブログの殿堂
資格・スキルアップ Ranking  ナレコム おけいこブログランキング

アンケート


広告エリア1




参加トラコミュ


SEO/サイト価格

SEO対策・SEOとは
IT  資格  ブログ
受験  日記  合格  論文


最近の記事


リンク集




自己紹介など

    くつろぐ

  • ニックネーム:Pman
  • プロフィール:
     情報処理サービス会社に勤務。主に金融業のソフトウェア開発、システム運用・保守を担当。メインフレームからオープン系まで広く浅く経験。資格取得はライフワークとなりつつある。
    保有資格
    システム監査技術者
    プロジェクトマネージャ
    アプリケーションエンジニア
    テクニカルエンジニア(システム管理)
    ネットワークスペシャリスト
    情報処理技術者(一種、二種)
    電気通信主任技術者(第一種伝送交換)
    工事担任者(デジタル第1種)


  •  質問、要望、感想、応援などは
     下のメールフォームから、直接
     私あてに送ることができます。


     当ブログはリンクフリーですが、
     リンクした場合は、メール又は
     コメントで知らせていただくと
     ありがたいです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告エリア2












スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正誤表2回目

書籍名:情報処理教科書 テクニカルエンジニア(システム管理)2005年度版
出版社:翔泳社

 前回1月22日の続きである。これからまだ増えるかも・・。

 1刷/P.137 設問1の2行上 いっせい切替 → 一斉切替
 1刷/P.145 下から6行目  のを代理して → を代理して
 1刷/P.146 下から3行目  を暗号し、  → を暗号化し、
 1刷/P.150 図・ルータ下  丸記号R   → 丸記号1
 1刷/P.150 図・丸3の下  開発前サーバ → 開発用サーバ
 1刷/P.154 設問1上4行目 を経由の   → 経由の

 じつは、150ページの午後1問題は、平成13年に出題されたセキュリティ管理の問題であるが、これは明らかに解答が誤っていると思われるところがある。設問3、ルータの設置場所を答える問題だ。本書の解答は、不正アクセスの侵入路として公衆回線網があってその入り口のリモートアクセスサーバ付近にルータを設置する、としているが、これではコンピュータセンタ内の開発用PCから本番用サーバにアクセスできてしまう。おそらく、侵入路を外部に限定してしまい、内部の開発用PCから侵入するケースを見落としたために、こういう解答になったものと推測される。
 ふー、疲れるなあ~。
スポンサーサイト

午前対策について

 何度も試験を受けていると、午前の選択式問題は、だいたいの傾向がわかっているので気持ちとしては楽である。時間配分とか個々の問題の難易度の見極めなど、ほとんど無意識にやっていると自分では思っている。昨年の秋、プロマネの公開模試を受けに行ったときのこと。なんと、時計を家に忘れてきてしまったのである。仕方なく私は、時計なしで模擬テストに挑んだ。試験官の「残りあと~分です」の声だけを頼りに。ところが結果はどうだろう。ちょうどいい時間配分で答案を完成させることができたうえ、午前は非常に良い点数が採れていたのである(午後はさすがに時計なしでは厳しかったが)。
 しかし、いくら午前に自信があっても、やはり不安だ。足切りラインさえクリアできればいい、とは思えない。もしかしたら1問に泣くかもしれないのだ。
 対策として、メールマガジンを利用して毎日少しずつでも問題に触れることにしている。これなら、メールのチェックをする度に必ず見るような習慣づけができる。
 Pmanおすすめ!
  一日一題 高度をめざす情報処理技術者試験宿題

システム管理基準

 昨年10月に公表された基準で、経済産業省のHPから資料を入手できる。

新「システム監査基準」、「システム管理基準」の公表について
http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/press/0005668/


 すでに読まれた方もいるだろうが、正直言って眠くなりそうな資料である。私の読解力不足かもしれないけれど、何がどう変わったのかよくわからない。要するに、
 ・IT投資の目的が合理化から経営革新へと変わりつつある
 ・情報セキュリティ監査の観点が重要性を増している
という背景から新しい基準を策定したというのだが、現場で働く人間から見ると、極めてありきたりというか、当たり前の基準なのである。
 しかし、そうは言ってみたものの、この当たり前のことができないから、システム障害や情報漏洩などの問題が発生するのではないか・・。(ちょっと大袈裟だろうか)
 一度、目を通しておいたほうがいいと思う。

参考書籍と正誤表

書籍名:情報処理教科書 テクニカルエンジニア(システム管理)2005年度版
出版社:翔泳社


 まず内容を語る以前に、とにかく誤字が多い。出版元からは正誤表が公開されているものの、今のところ十分とは言えないようだ。
 1月19日更新の正誤表に無いもので、私が気づいた箇所を下記に挙げておく。参考にしていただければ幸いである。

 1刷/P.031 設問2(2)   作業確認し → 作業を確認し
 1刷/P.031 設問2(2)   検討する  → を検討する
 1刷/P.040 設問3(2)   のを交換  → を交換(別解も同様)
 1刷/P.041 設問1(1)3行目 同(月)  → 同2
 1刷/P.059 設問3下7行目  理由だで → 理由で
 1刷/P.063 設問2(2)2   なれば  → なければ 
 1刷/P.065 設問2(1)3行目 交信する → 更新する
 1刷/P.065 設問2(2)7行目 問題と  → 問題なしと
 1刷/P.074 図9直列の記号 A-B  → C-D
 1刷/P.075 図1サーバの右 パソコン → プリンタ(計3箇所)
 1刷/P.076 表1No1  貼り付けコンに →(削除)
 1刷/P.083 9行目(4)    DB2とDB2 → DB1とDB2
 1刷/P.093 設問1(1)7行目 一まとめに→ 一まとめにした
 1刷/P.093 商品DBの図   c    → d
 1刷/P.093 在庫DBの図   d    → b
 1刷/P.093 在庫DBの図   b    → c
 1刷/P.094 5行目      在庫DBの → 商品DBの
 1刷/P.104 (1)A案の1行目 9晴    → 9時

 まだ途中なので、これから発見した箇所は随時お知らせしたい。

公開模試について

 通信教育など利用するのもいいが、自分のペースで進めるのはなかなか容易ではない。高い受講料を出して頑張っても、あまり効果が得られないことだってある。
 そのことに気付いた私は、昨年あたりから、通信教育などは一切やらないけれど、模擬試験だけは受けるようにしている。本番と同じような条件と環境で行われるので
緊張感をもって臨むことができるのだ。
 2005年3月13日(日)  アイテック公開模擬テスト
 受験料1万円が高いか安いか、意見が分かれるかもしれないが、ある程度の準備をして本気で受けるのであれば、個人的には決して高くはないと思う。
 ちなみに同じ価格で、TAC情報処理の公開模試もあり、インターネットでの申込が開始された。ただしアイテックと異なり、会場受験できるのは基本情報等に限られる。システム管理は自宅受験になる。
 TACは定評あるようだが、やはり本番と同じ条件で受けたいので、アイテックのほうに申込完了。
 こうやって勉強せざるをえない状況に自分を追い込む作戦でいこう。

Mac未対応は残念

インターネット受付は、何故、Mac未対応なのだろう。
前回も自宅のパソコンから申込できず、今回はどうかと思ってやってみたがダメだった。推奨環境はWindowsに限られており、無理なのは分かっているのだが・・。そこで、ネットカフェの快適な環境で、受験申込み完了。あとは受験票と試験当日を待つだけ・・ ならいいのに

90日間の勝負

1.勉強不足への対策

 勉強時間が確保できないのは、無意識のうちに、勉強するための良好な環境を求めているからだと分析する。通勤途中などのスキマ時間を有効に使い、勉強の習慣をつけるしかない。

2.独りよがりへの対策

 もともと自分の性格がそうなのだ。性格は直せないが行動は直せると思う。通信教育などを利用し、客観的な視点から評価・指導を受ける必要があるだろう。

3.無計画への対策

 おおまかな計画を作成してみた。試験日までのマスタスケジュールと、当面1ヵ月くらいの詳細スケジュールである。

計画が出来上がると、これでもう試験対策が済んでしまったかのような錯覚に陥りそうだが、あと3ヵ月、気を引き締めて取り組もう!

不合格の原因はこれだ

原因はいくつか考えられる。挙げてみよう。

1.勉強不足
 そもそも勉強の絶対量が足りないのではないか。自分としては頑張ってやっているつもりでも、じつは不十分かもしれない。合格するための標準的な勉強量を消化していないということだ。

2.独りよがり
 勉強方法には自分なりのスタイルがあって、それが一番いいと信じている。けれども、本当に今のやり方でいいのだろうか。独りよがりになっている気がする。特に論文はそうである。

3.無計画
 頭の中にはあるのだが、実際に目に見える形でスケジュール化していない。これでは行き当たりばったりになるし、達成感もない。計画的にやることが大切なのはわかっているのだが・・。

4.調整不備
 試験当日のコンディションは、結果に大きく影響する。昨年のシステム管理は、睡眠不足のせいで力を発揮できなかった。そういう調整も実力のうちだろう。

やや抽象的であるが、こんなふうに分析してみた。
次回はもう少し掘り下げてみて、今後の対策を考えてみたい。
この土日で計画を立てよう。

ブログ開設しました! by Pman

コンピュータ業界にいながらも、恥ずかしいことに、じつは最近になってWeblog(通称:ブログ)というものの存在を知った。この連休でおおまかな機能は理解したつもりだが、実際に使ってみないと利用価値というかメリットはわからない。とにかく使ってみよう。

ブログにどんな種類があるのか、ネット上で探してみた。
(無料ブログ比較)
http://page.freett.com/ven/free-blog.html

ここが参考になった。評価の内容が詳しく、実際にそのブログを使っているサイトが例示されているからである。
こうして調べた結果、FC2ブログへ登録することに決めた。

前置きが長くなった。そろそろ本題にはいろう。

情報処理技術者試験は、私の仕事に直結する資格である。これまで幾つかの区分に挑戦し、幸運にも合格することができた。しかしながら、ここ数年、受験しているものの合格から遠ざかっている。
じつは、5連敗中なのである。
 H14秋 プロマネ   不合格
 H15春 システム管理 不合格
 H15秋 プロマネ   不合格
 H16春 システム管理 不合格
 H16秋 プロマネ   不合格

この現状を打破するため、今年こそはという決意をもって自己のモチベーションを維持し、合格に向けて前進しよう!→これがブログの主旨なのだ。。 次回は、連敗の原因を探ろう。
 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。